· 

靴クリーニング ハイヒール豆知識

靴クリーニング

いつもいつも靴クリーニングの記事ばかり書いていますから

今回はハイヒールの豆知識でも書きます。

 

16世紀当時のフランスは、今でも信じられませんが「ガーディ・ロー」(水を撒くぞ!)と叫んで

家庭の汚物(糞尿)を窓から道に捨てていたんだそうです。

 

建物の下を歩いていたら、突然上から汚物が降ってくる!

そりゃぁ大惨事ですよねぇ(笑)

 

通行人は「ウハド・ヤ・ハン!」(ちょっと待ってくれぇ)って叫んでいたそうです。

 

当時の道路は糞尿だらけで、もの凄い悪臭が漂っていたんでしょうねぇ。

……想像したくねぇ~

 

今はオシャレなシャンゼリゼ通りですけど……

当時はみんなから「トイレ通り」って呼ばれていたんですって(笑)

 

現代では女性と歩くときにはマナーとして

男性は危険な車道側を歩き、女性は安全な歩道側を歩かせますよね?

 

でも、当時は空から汚物が降り注いでくるんです。

だから紳士は建物側を歩いて、女性を車道側を歩かせるのがマナーだったようです。

 

それでも、女性のドレスの裾は糞尿まみれになってしまいます。

そのために、必要に迫られて発明されたのがハイヒールの靴なのです。

ですからこの当時のハイヒールは、靴底全体が厚底仕様だったのです。

 

それと、貴婦人はキレイなドレスに日傘をさす……

実はコレ、上から降ってくる汚物対策だったんですよねぇ。

んで、紳士のシルクハットも、やっぱり汚物対策です(笑)

 

しかし、こんなに不衛生状態の国ならば……

コレラが大流行するのはあたりまえですよねぇ。

 

お洒落なハイヒールが貴族達に大流行したのは

ルイ14世(肖像画)がハイヒールを履いたからです。

 

ではなぜ、ルイ14世はキレイなハイヒールを作らせて履いていたのか?

 

……それは……とっても「おチビちゃん」だったから(笑)

 

誰もが知っている超有名な美少女漫画「ベルサイユのばら」

 

……実はとってもウンチまみれの世界が舞台の美しいお話し(笑)

 

 

〒543-0031

大阪市天王寺区石ヶ辻町14-8

SHOES・BOX

06-6774-6977