· 

靴クリーニング 靴を買う時

靴クリーニング

 

12時の鐘の音と共に、走り去ってしまった美しい女性。

 

……残されたガラスの靴だけが、その美しい女性を探すために残された唯一の手掛かり。

 

そして世界でただ1人。シンデレラだけが、そのガラスの靴にピッタリとフィットすることができる……。

 

【ガラスの靴】

 

まったく伸び縮みせず、非常にもろくて繊細。

自分以外には、その靴を誰も履くことができない。

自分だけの靴。

 

――素敵ですやん!

 

 

ではでは、今回は、自分の足にピッタリとフィットする靴の選び方のお話しです。

 

いつもは、靴クリーニングのお話しばかりブログに書いてますから、たまには靴クリーニング以外のことを書いてもいいよね?

 

 

新しい靴を選ぶ時には、必ず試し履きをしましょう。

 

それも必ず両足で試すことです。

 

人間の足って、左右対称ではありませんからね。

 

それと、自分の足は〇〇センチだから。とか思い込んでいませんか?

 

靴に表記されているサイズなんて、物凄くいい加減なんですからね!

 

たとえ同じメーカーの靴でも、靴の型(ラスト)が違うと、靴のサイズなんて無意味になってしまいますからね?

 

 

●靴選びで一番大切なのは、靴のカカトと足のカカトがピッタリと合って、固定されるていることです。

 

カカト部分がピッタリと合っていないと、靴擦れを引き起こしてしまって、とても痛いおもいをすることになってしまいますからねぇ。

 

 

●次に、ボールガース(親指と小指の関節部分をぐるっと一周した部分)で、足は歩行する時に、そこが曲がります。

 

その親指と小指の関節部分が、キュッと、適度に締め付けられていること。

 

ボールガースで、足を締め付けて固定させていないと、足は固定されずに靴の中で前後に動いてしまいますからね。

 

足と靴とをホールドしている個所は、カカトとボールガースだけだと、覚えておきましょう♪


んで、足のつま先は、指が遊べるほどに、充分に余裕があること。

つま先の余分な長さを「捨て寸」と言います。

捨て寸は、とっても大切なのです。

歩く時、足の長さは変化しますし、地面を踏みしめられないでしょ?

爪先に余裕のない靴を履いてる人って、すごく多いです。


「靴を買うならば、夕方が良い」って、言ってる人がいますけど……

それは、どーかなぁ?

人間の足は、午後3時頃が一番体積が増えるそぅです。

なんと、朝と3時頃では、二割も違うそうです(笑)


足に合った靴を選ぶには、

①カカトで履く

②親指と小指を適度に締め付ける

③爪先に余裕の遊びを

この3点は、絶対条件ですね☆

時間や季節によって、足は変化するものなのですから。

そぅ考えると、やっぱり、ヒモ靴がベストですよねぇ。

 

〒543-0031

大阪市天王寺区石ヶ辻町14-8

SHOES・BOX

06-6774-6977