· 

靴クリーニング 雨と水シミ

靴クリーニング

 

雨の日に履いて、濡れてしまった靴が乾くと……

くっきりと水シミが……という経験をした方は多いと思います。

 

靴のクリーニングでは、水シミになってしまった靴たちが、数多く持ち込まれてきます。

 

大昔から『皮革製品は水が大敵』といわれます。

 

おそらく皮革製品が、水によって変色したりシミになりやすいから、そう言われているのでしょうね。

 

本当は、皮革製品の柔軟性を維持して、革を保護していくためには、ある程度の皮革に水分は必要不可欠なんですけどね。

 

間違った認識が定着してしまっているのは残念です。

 

ではでは、なぜ革は水に濡れると水シミになってしまうのでしょうか?

 

ふふふ……戦う靴屋さんが、簡単にご説明しましょう。

 

革の濡れている部分から、乾いている方へと、水の分子は移動していきます。

 

そして、その水の分子が移動する時、水で溶けた染料や、雨水の中に含まれている汚れ、靴底の成分などが、水分と一緒に移動してしまうのです。

 

しかし水分は、どこまでも限りなく移動できるわけではありません。

 

移動できる限界距離に達すると、そこから先は進めなくなるのです。

 

しかし! 後続の水分が、どんどんと後ろから押してきます。

 

そう、まるで水をせき止めるダムのように。

もしくは、都会の通勤電車のように……です。

 

染料や汚れなどが、水分の限界ヶ所に押し詰められている。

それが水シミになるメカニズムなのです。

 

画像をみていただくと、靴の濡れていた部分と、濡れていなかった部分がハッキリと確認できるとおもいます。

 

……ってことは、濡れている部分と、濡れていない部分があるから水シミができちゃう。

 

そうです! 靴が濡れてしまったならば、思い切って靴全体を均等に濡らしてしまえばいいのですよ。

 

物事は、原理と原因がわかれば、対策ができるのです。

 

でも、水に濡れてしまうと、皮革に必要な油分などの栄養分も失ってしまうのも事実です。

 

多量の水分は、皮革の組織構造にダメージを与えてしまう可能性もあります。

 

とてもデリケートな素材である皮革は、濡れた状態だと、極端に熱に弱いという性質があります。

 

ですので、靴クリーニングの専門家に依頼するのが一番なのです。

 

でも……靴クリーニングの専門家って?どこに?

 

はい。今日も戦う靴屋さんは頑張っています。

 

〒543-0031

大阪市天王寺区石ヶ辻町14-8

SHOES・BOX

06-6774-6977