· 

靴クリーニング 履きすぎでしょ

靴クリーニング

 

「お気に入りの靴なんですけど……」

若い女性のお客さまです。

 

「もう、修理とかは無理ですよねぇ?」

 

無理ではないけど……

 

いくらなんでも、こんなになるまで履かなくても……。

 

こんなにナナメになったカカトで傾いて歩いてたら、足首とか膝とか痛くならなかったのでしょうか?

 

街中で、前を歩いている方の足元を見ると、靴のカカトが極端にすり減っている方が、たまにいます。

 

なんか、足首が変な感じに『ぐにゅ』ってなりながらも、普通に歩いています。

 

歩いている姿を後ろから見て、もの凄く不自然というか、不気味というか……。

 

すごく体に悪そうに思えるんですけど、歩きにくくないのでしょうかねぇ?

 

靴自体も、靴底本体が斜めにすり減っていきますし、変な形で力が加わった状態ですから、靴の芯から変形して歪んでしまって、脱いだ靴を真っすぐ立てることも不可能になってしまいます。

 

肩がこるとか、腰が痛いとか、膝がいたいとか……

 

こんな状態の靴を履いて歩くと、必ず身体のどこかに悪影響が出ます。

 

お気に入りの靴だから、いっぱい履いた。

いっぱい履いたから、いっぱいすり減った。ですよね?

 

さぁて、今回は、いったいどのように修理いたしましょうか。

 

「もとが安い靴だったので、あまり高い修理料金だと……」

 

ですよねぇ。

本当は、こここまですり減ってしまったら、ヒール部分を新規に作り直さないといけないのですがねぇ。

 

すり減ってしまった部分を修正する修理にしますね。

 

その代わり、同じ色のヒールにはできませんので、色が変わってしまいますよ?

 

「それでお願いしまーす」

 

ってことで、靴クリーニングで靴をキレイに洗ってあげてから、修理に入ります。

 

すり減って無くなってしまったヒール部分を、元のカタチ戻す作業です。

 

革を積み上げて、高さとカタチを作っていきます。

 

それにしても、なんだか最近、靴クリーニングとか、修理とか、色々と大変な依頼が多いような気がするんですけど?

 

なぜだ?

 

ブログのせいなのか?

 

靴クリーニングのSHOES・BOX

大阪市天王寺区石ヶ辻町14-8

06-6774-6977