· 

靴クリーニング 大きすぎるでしょ

靴クリーニング

 

「買った靴がちょっと大きくて、脱げちゃうんですけど……」

 

と、女性のお客様がご来店です。

 

はいはい、靴のサイズ調整ですね。

 

どの程度靴が大きいのか見てみますので、靴を履いてみてください。

 

……こ、こりゃまた凄いですねぇ~。

 

ちょっと靴が大きいとか、そんな話ではありませんでしたよ。

 

足が止まるところまで、靴の前部分にもっていくと、足のカカトと靴のカカト部分との間に2センチ近くもの隙間ができてしまいます。

 

逆に、カカトを靴にピッタリと合わせると、つま先の指が靴から飛び出しそうになってしまいます。

 

無理! 無理! ダメ! ダメ!

こんなんどーやったって履けないでしょ!

 

「いつも22.5センチの靴を買っているんだけどねぇ」

「この靴も同じ22.5センチの靴なのに、なんでこんなに大きいのかしら?」

 

うーん。

 

残念なことなのですが、靴のサイズって、実は嘘つきなんですよ。

 

メーカーにもよるのですが、靴のサイズはテキトーなんですよねぇ。

 

22.5センチぐらいの足の人が履けますよ。って感じでしか作られていないのです。

 

だから、靴を買う時は、サイズはあくまでも目安程度にしかならないのですよ。

 

だからちゃんと、靴を試し履きして、自分の足に合っているか確かめないとダメなんですよ。

 

でも、基本的にいつも買っている靴のサイズが大きいのかもしれませんよ?

 

けっこう皆さん、本当のサイズよりも1つ上のサイズを好まれる傾向がありますからね。

 

「でも、この靴を履きたいんだけど、どーにかならないかしら?」

 

えーっ! いや、どーにかしろと言われても……。

 

こんなにガバガバに大きいのに、合わせようがありませんよ。

 

……うーん。どーしても履きたいの?

 

「はい」

 

靴の内部でサイズを調整するのは不可能なので、靴の外部に手を加えるのならば……。

 

この靴のカカト部分に、新しくベルトを取り付けて、そのベルトで足首を固定してあげれば、無理矢理ですけど、なんとか履けるかもしれませんけど……。

 

靴のデザインも変わってしまうし、無理矢理なのでおすすめしませんよ?

 

ってことで、カカト部分にベルトを新調して取り付けてあげました。

 

でも、反則的な技だし、足の為にもよろしくないので、あまり履いて歩き回らないでくださいね。

 

ってことで、靴のクリーニングと修理で戦う靴屋さんでした。

 

靴クリーニングのSHOES・BOX

大阪市天王寺区石ヶ辻町14-8

06-6774-6977