· 

靴クリーニング おじいちゃん

靴クリーニング

 

Mさんすみませんがお願いします……。

 

スタッフが私を呼ぶときは必ず、やっかいな依頼が持ち込まれた時なんですよねぇ。

 

お客さまは二十歳そこそこの若い女の子でした。

 

「このブーツなんですけど、靴クリーニングでキレイにしてもらえますか?」

 

見るとピンクのスエードのハーフブーツが汚れてるというか、シミになっているというか……

なんか不自然な凄い状態になってしまっています。

 

これはいったい……。

 

「原付バイクの油が付いて汚れてしまったんです。」

 

はぁ?

いや、これは油汚れじゃないでしょ?

 

何かしたでしょ?

怒らないから正直に言ってごらん。

 

「じつは……。 ウチのじーちゃんが洗ってしまったんです……」

 

えっ?

おじーちゃんがスエードのブーツを洗ったの?

マジで?

 

なんちゅーチャレンジャーなおじいちゃんなんでしょう!

 

どんな洗剤で洗ったのかわかりませんが、全体的に起毛が固くなっているし色も抜け落ちてしまっているし、部分変色とシミが激しいし……

 

こんな状態ではキレイにはならないでしょうから、今回はあきらめた方がいいですよ?

 

そう言う私に、その女の子は

「友達がここならば絶対になんとかしてくれるって言ってました」

「お金ならば出しますから!」

 

えっ?金を出すからって……

そんな言い方するとおじさんお説教しちゃうよ(笑)

 

そもそも一般的にスエードの染色はできないって言われているのに……

 

しかもピンク色のスエードを再度染色するとか、そんな高等技術なんて日本中を探したって、私の他に何人もいないんじゃないかなぁ?

 

お客さまに元の状態が悪すぎるので、できる限りの処理ですよ?という了解をえて、しょうがないので戦ってみることにしました。

 

再度、靴クリーニングで洗って、残留している洗剤を洗い流しつつ中和処理をしてから、トリートメントで起毛革に栄養補給をして全体の状態を整えます。

 

最後に私が開発したスエード用の染料でピンク色に染めていきます。

 

うん、バリバリになってしまった起毛の風合いも、靴クリーニングで元に戻ったし、変色シミも落とせたし、ピンク色に回復できたし。

 

こんなもんかな?

 

なんか凄く手間の掛かった大変な仕事でしたよ……。

 

もぅ、おじーちゃんには洗ったらだめだよ!

ってちゃんと言っておいてくださいね。

 

靴クリーニングのSHOES・BOX

大阪市天王寺区石ヶ辻町14-8

06-6774-6977