· 

靴クリーニング ペンキは勘弁して

靴クリーニング

 

チャリンコに乗った年配の男性が靴を持ってご来店です。

 

「この店って靴をキレイにしてくれる店なんだろ?」

 

はい、そうですよ。

 

「んじゃ、俺のこの靴もキレイにできるかなぁ?」

 

どひゃぁ! な、なんでこんなにペンキだらけなのよ!

もしかしてこれは、私に対する挑戦なのか?

 

いくらなんでも靴クリーニングではペンキを落とすことは無理です。

 

ペンキは顔料塗料なので、溶剤で溶かして除去するしかないのですが、でもペンキを溶かすと、溶けたペンキがそのまま革に吸い込まれていくだけなので、ペンキそのものを完全に除去することはできないんですよ。

 

ってことですから無理です。今回は諦めてください。

 

「そんなぁ…… 本当にダメなの?」

 

ダメです。

 

「この靴、大丸デパートで2万円もしたんだぜぇ?」

 

だーかーらぁ、なんでそんなお高い靴をペンキだらけにするのよぉ。

 

「なんとか履けるようにできないの?」

 

……いや、でも、キレイにしてもまたペンキだらけにするんでしょ?

 

「いや、キレイになったら二度とペンキはつけん!」

 

……ほんとかなぁ~

 

んじゃ一つだけ方法があります。

 

ペンキの痕は消えないので色を染め変えてペンキの痕をわからなくして仕上げるのならば、なんとかなると思いますよ?

 

「おぉ、それでもいいからキレイにしてよ」

 

仕上がりは黒色と濃い茶色のどちらかがよいかと思いますが?

 

「んじゃ、濃い茶色でたのむよ」

 

了解です。

 

ってことで、靴クリーニングで汚れを洗い流して、その後にちびちびペンキを溶かして取り除きながら下地を作っていき、最後に濃い茶色に染めました。

 

なんか、元の靴とは全然違う色になってしまったけど……

 

お客さんはメチャクチャ喜んでくれたからOKってことですかねぇ。

 

マジで大変な作業なんだからぁ~ もんとにもぅペンキはつけないでくださいね!

 

靴クリーニングのSHOES・BOX

大阪市天王寺区石ヶ辻町14-8

06-6774-6977