· 

靴クリーニングの認知度

靴クリーニング

 

「すみません、ここは靴のクリーニング屋さんだと聞いたのですが……」

 

20代の男性のお客さまが靴を持ってのご来店です。

はい、靴にクリーニングの専門店ですよ。

 

「靴のクリーニングってなんですか? 靴がどーなるんですか?」

 

ほぇ?

 

あまりにも突然に初歩的な質問を受けてしまって、一瞬アタマの中が「???」ってなりましたよ。

 

それなりに靴クリーニングは一般的になってきたかなぁ~とか思っていたのですが、まだまだ世間的には意外とこんなもんなのかぁ……

 

新鮮な驚きでしたね。 

 

同じ靴下を2日続けて履いたりしないでしょ?

 

「そりゃあ毎日洗っていますよ」

 

ですよねぇ。

でも、ずっと履き続けている靴は、靴下以上にもっと汚れていると思いませんか?

 

靴の表面って、靴みがきでキレイにすることができますが、靴の内部の汚れやニオイはそのままですよね?

ですから靴の内部までキレイに手洗いをしてあげるのが靴のクリーニングなのです。

 

それと、皮革製品って30年とか50年とかでも使用可能な製品なのです。

 

でもすぐに革靴が痛んだりしますよね。

それは革靴が吸収している汗が皮革を劣化させているからなのです。

 

つまり靴クリーニングって、汗や汚れを洗い落としてメンテナンスをしてあげることで革靴をキレイにして寿命を何倍も長持ちさせてあげることができるんですよ。

 

「へぇ~ そうなんですね」

ってことで、この男性のお客様は靴クリーニングをされることになりましたよ。

 

十数年前に、私が靴クリーニングを作る前って

「革靴が洗えるはずがない!」とか

「革靴を洗うと必ず縮んだり固くなったりするはず!」とか

「絶対にシミになったり変色したりする!」って、業界関係者のみなさんから散々に言われたものでしたよ。

 

でも、それを可能にする洗剤と技術を開発して、日本で最初の靴クリーニングサービスの提供を開始して、お客さま達から喜んでいただき、靴クリーニングの凄さが認知されはじめると、なんか同じようなサービスを始める会社やショップが次々と出てきました。

 

まぁ、靴クリーニングのマネだけしても中身が無いとダメなんですけどねぇ。

 

でもその結果、そこそこには靴クリーニングというものが世間の皆様に知っていただけるようになってきたと思っていたのですが……

 

まだまだ靴クリーニングの普及活動に頑張らないと! と、感じた今日この頃でした。

 

靴クリーニングのSHOES・BOX

大阪市天王寺区石ヶ辻町14-8

06-6774-6977