· 

色々な靴のトラブルの対処方法

靴クリーニング職人が教えます。

靴にカビが発生してしまった時の対処方法

 

今は梅雨の時期だけではなく、一年中カビの発生した靴が、靴クリーニングに持ち込まれます。

 

カビは革靴にとって大敵ですよねぇ。

 

カビの菌糸が繁殖するためには、温度があること。

栄養があること。

湿度があること。

という3つの条件が必要なのです。

 

最近の住宅環境ですと、冬場の玄関でも温度がありますし、靴には汗や皮脂の汚れなどの栄養が、たっぷりと付着していますし、汗をたっぷりと吸収していますから湿度も保てています。

 

カビ菌にとって靴というのは理想的な繁殖場所なのです。

 

ではどーやってカビ菌に対処するのか?ですが……。

 

高温でカビの菌糸を焼き殺す。

極端な乾燥状態にしてカビの菌糸を殺す。

薬品でカビの菌糸を焼き殺すの3つがあります。

 

カビの菌糸を完全に殺すだけの高温状態では、皮革にもダメージがあります。

カビの菌糸を完全に殺すだけの乾燥状態だと、皮革は干物になってしまいます。

カビの菌糸を完全に殺すだけの強力な薬品を使用すると、皮革も死んでしまいます。

 

結局どの方法も、カビの菌糸も死ぬけど革も死んでしまいますので、残念ながらどれも使用できないのです。

 

市販のお手入れ用品に「カビの発生した靴に」なんて商品もありますが、そもそもカビキラーなどの強い薬品ですら、カビの菌糸を完全に死滅させることが出来ないのに、アルコール除菌剤とかで対応できるはずがないのです。

 

もしも、靴にカビが発生してしまったら、ちゃんとしたお店で『靴のクリーニング』で処理をする以外には、他に効果的な方法はないと思います。

 

日頃から気を付けて、革靴にカビを発生させないというのが、一番大切なことなのです。

 

カビの発生を防ぐためには、履いた靴はできるだけ早く乾燥させることと、靴の内部まで洗う靴クリーニングをすることです。

  


雨に靴が濡れてしまった時の対処方法

 

日本は雨の多い国ですから、どんなに注意していても予期せぬ雨に降られてしまうものです。

 

せっかくのお気に入りの靴なのに、雨に濡れて水シミになってしまったという方は、非常に多いものです。

 

革靴は、とにかく早く乾燥させましょう!と、書きました。

が、ちょっと待ってください!

 

通常の時と、雨で濡れてしまった時とでは、話が別なのです。

 

皮革が水によってシミになる理由は、大きく分けると二つあります。

 

①皮革に吸い込まれた水の分子が、皮革を着色している染料を溶かしてしまいます。

水によって溶け出した染料が、水の分子と一緒に移動していきます。

その結果、水分子の移動が止まってしまった場所に、染料のムラができてしまい水シミとなります。

 

②雨水や道路の汚れ、革底に使用されている皮革の成分や着色剤など、水分子の他にも違う成分が混じって、皮革 の中に吸い込まれてしまいます。

その汚れとなる成分が、一ヶ所に固まってしまった場合に水シミとなります。

 

つまり簡単に言うと、濡れている部分と濡れていない部分があると、そこに染料や汚れが固まってしまうので、乾いた時に水シミとして残ってしまうのです。

 

ってことは、靴に濡れている場所と、濡れていない場所を作らなければ、染料や汚れが一ヶ所に固まらず、均等に分散していれば、水シミにはならない。ということですよね?

 

ならば、革靴が濡れてしまった時は、靴全体を濡らしてください!ってことです。

 

水に濡れて乾いていない状態の時に、濡れたタオルで、靴全体に水分を吸い込ませるようにしてから乾燥させると、かなりの確率で水シミにならなくてすみます。

 

この時、注意してほしいのは、濡れた靴を乾燥させようとして、絶対に日の当たる場所で干してはいけないということです。

 

皮革は乾いている状態だと、ある程度の温度に耐えることができます。

しかし、逆に濡れている状態だと、三十度以上の温度で、簡単に変質してしまう危険があるのです。

 

日差しが直接当たってしまうと、皮革組織が収縮して、革が縮んで死んでしまいます。

布団乾燥機で、靴の乾燥もできるとか言ってますが、物凄く危険な行為ですから絶対にヤメてください。

 

水に濡れてしまった革靴は、必ず、日陰の涼しい風通しの良い場所で干さなければならない。ということを絶対に忘れないようにしてください。

 

あと、たまに乾燥剤を濡れた靴に入れてしまう方もいますが、絶対にヤメてください!

シリカゲルは水分を含むと発熱しますので、やはり皮革組織が収縮して死んでしまいます。

 

もしも水シミができてしまったら……。

 

靴クリーニングの専門店であるシューズボックスにおまかせください。

 


靴や足のニオイをなんとかしたい

 

テレビのCMでも、消臭剤で『足と靴のニオイ』というのが頻繁に流れています。

 

消臭剤を靴に「プシュ」って吹きかけて「靴を洗おう」とか言ってたりしますよね。

 

消臭剤とかで誤魔化したりしないで、ニオイの元からきちんと対策をした方が、絶対に効果的だと思うんですけどねぇ?

 

さて、靴や足が臭い原因というのは二つあります。

 

まず第一に、足は人間の体の中で一番、汗を大量に出す部分だからなのです。

 

その証拠にゴム長靴を履くと、三十分ぐらいで靴下が汗でしっとり湿ってきますよね?

マジで、足から出ている汗の量は凄いのですよ。

 

しかし、革靴を一日履いても靴下が汗で濡れないのは、大量の汗を靴が吸収しているからなのです。

 

そして第二に、足から出る大量の汗は、有色でニオイがある汗だからです。

 

人間が身体から出す汗には、無色で無臭の汗と、有色でにニオイのある汗の二種類があるのです。

 

有色でニオイのある汗を出す汗腺は、脇の下、陰部、足の裏に集中しています。

 

結論は、足や靴が臭いのは、有色でニオイのある汗を大量に出しているからなのです。

 

つまり、靴の内部に吸収されている大量の、有色でニオイのある汗を、さっさと乾燥させてしまえば、靴は臭くならないし、足も臭くならないのですよ。

 

さて、大昔から靴は革で作られてきました。

しかし、化学繊維の技術が発達した現代においても、やっぱり靴の素材として皮革が一番の適しているのです。

 

それは、皮革繊維の持つ『吸放出性』(汗を吸って外へ吐き出す)という特性が、他のどんな素材よりも優れているからなのです。

 

しかし、いくら革靴だからといっても、大量に吸収した汗をそう簡単には乾燥させることなど出来ません。

 

一日履いた靴を、きちんと乾燥させるためには、最低三日間は必要とするのです。

 

それなのに、汗を大量に吸収している靴を、玄関で脱いだまま放置したり、下駄箱へ入れたりするでしょ?

 

ちゃんと乾燥させていないのに、まだ汗で湿っている靴を履いたりするでしょ?

 

そりゃ、いつまでも乾燥しない靴の内部は、ニオイのある汗で湿ったままになりますし、そこに雑菌が繁殖していきますので、足や靴が臭くならないはずがないのです。

 

もう少し追加すると、酸化した汗は、皮革を急激に劣化させていきます。

 

履いた靴は、日陰の風通しの良い場所で、ちゃんと乾燥させてやる。

 

そうすれば、足や靴のニオイは無くなりますし、革靴が凄く長持ちするので経済的なのです。

 

んで、それでも同じ靴下を二日続けて履いたりはしないですよね?

 

それなのに、靴は洗わずに、どれだけ履き続けるのでしょうか。

 

たまには『靴のクリーニング』で、キレイに汚れを洗い流してあげましょう。